本当に諦めた方が良い?復縁を諦める前に確認するポイント

復縁したい元彼に、新しい彼女ができてしまったり、こちらからの連絡を一切、無視され音信不通の状況だと、もう復縁は諦めるべきでは…と思ってしまいますよね。

 

 

 

 

 

実際、復縁には潮時というものがあり「復縁の可能性はどう考えてもない」というパターンもあります。

 

 

 

 

 

でも、それは本当に一握りで、殆んどは、努力次第である程度関係を復活させることが可能な事が多いのです。

 

 

 

 

 

もし、貴女が忘れられない元彼との復縁を諦めようとしているのなら、最後に本当に関係が復活できないのかを確かめてからでも遅くないかも。

 

 

 

 

 

今回は、本当に諦めた方が良い?復縁を諦める前に確認するポイントをお届けします。

 

 

 

冷却期間中に何度も連絡していなかったか?

 

 

冷却期間中に彼に対して未練たっぷりな連絡をした場合、復縁は少しのんびりペースになってしまいます。

 

 

 

 

 

何度も「やり直したい」と送ったりしてしまった場合は、最後の「やり直したい」と言った連絡から3ヶ月程度時間を置いて連絡する事で復縁が成功するケースも多いものです。

 

 

 

 

やり直すという言葉もなく身体の関係を持っていなかったか?

 

 

彼と、はっきりとやり直すという前提もなく、繋ぎとめるために身体の関係を持ったりした場合も復縁はのんびりペースになってしまいます。

 

 

 

 

 

彼は、貴女を抱く事を当たり前という風に思ったり「お前もセックスしたいだけだろう」と都合の良い考え方をしている場合もあります。

 

 

 

 

 

彼に「私は付き合ってる人以外にはセックスしない」と伝え、付き合うか離れるかの選択を一度迫らないと、本当の意味での復縁は出来ないかもしれません。

 

 

 

自分自身、別れる前と変化はあるか?

 

 

目に見える変化、目に見えない変化どちらでもかまいませんが「別れる前と変わったな」と彼に思わせる事が出来なければ、復縁は難しくなります。

 

 

 

 

 

いくらごめんなさいと謝ったとはいっても、それが相手に伝わらなくては信じてもらえない事もあります。

 

 

 

 

 

彼が付き合っていた頃嫌がっていた事はなんだったのかを自分なりに考え、改善して行く事も必要です。

 

 

 

 

 

見た目の変化は、彼に「逃した魚はでかかった」と思わせる効果もあるので、真剣に取り組むのも損はありません。

 

 

 

新しい彼女ができた事で気持ちが引いてしまっていないか?

 

 

新しい彼女ができると復縁は諦めた方が良いと思う人も多いです。

 

 

 

 

 

でも、実際、新しい彼女が出来てもその彼女と結婚するまではチャンスがあると思ったほうが正解です。

 

 

 

 

 

どんな人と付き合ってもぶつかる瞬間があり、その時初めて「俺はやっぱり前の彼女のほうが良かった」と思いなおす男性もいます。

 

 

 

 

 

そういう隙間を狙ってアプローチを仕掛けると意外にすんなり復縁が成功してしまう事もあるんですよ!

 

 

 

 

 

彼女が出来たからイコール諦めるという考え方はしなくても大丈夫です。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る