音信不通がどのくらい続いたら復縁を諦めるべき?

彼氏と破局直後は、途切れがちでもLINEのやり取りが続いていたのに…しばらくしたらパタリと音信不通になってしまう事があります。

 

 

 

 

 

音信不通の状態が続いてしまうと、「やっぱり元彼との復縁は無理だったのかも…。」と不安になってしまいます。

 

 

 

 

 

元彼に音信不通にされて、どのくらいの期間、放置されたら「本当に復縁は無理」と諦めた方が良いのかの目処が解れば、自分なりに諦めも付くのに…と思っている方もいるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

そこで、今回は、音信不通がどのくらい続いたら復縁を諦めるべき?という内容でお話を進めて行きたいと思います。

 

 

 

音信不通にされてどのくらい経つと復縁を諦めるべき?

 

 

一般的に、音信不通にされてから1ヶ月経つと「もう諦めようかな」と思う女性が増える傾向があるようです。

 

 

 

 

 

でも、実際1ヶ月以降に連絡が来たという女性もいますし、1年経ってからやり取りが再開したという女性もいます。

 

 

 

 

 

ですから、一概に「いついつまで待ったら諦めるべき」という期間はありません。

 

 

 

 

 

別れてすぐ、冷却期間を取らずに元彼とやり取りをしていたという方は、復縁の基本中の基本である冷却期間を取り直してみるのも1つの方法です。

 

 

 

 

 

元彼も「一度離れてゆっくり考えたい」「少し時間が欲しい」と思っているケースも多いので、数ヶ月程度時間を空けてから連絡をしてみると案外あっさり返事が来る事もあるようですよ。

 

 

 

忘れられないのは縁が深い証拠!必ず元彼と繋がる

 

 

彼とお別れして数ヶ月、何年と忘れられない女性もいます。

 

 

 

 

 

実は、忘れられずに長い間、元彼を思ってしまうというのは、貴女と元彼との縁が深く、魂が離れたくないと考えているからなんだとか…。

 

 

 

 

 

縁が深い相手というのは、何度離れても、幾度時代が経過しても必ず巡り会うと言われています。

 

 

 

 

 

そんな深い関係が簡単に切れるわけがありません。

 

 

 

 

 

元彼のことが忘れられず苦しいのはそれだけ彼との縁が強い証拠だと考えて、慌てずゆっくりと時を待つのも大切な事です。

 

 

このページの先頭へ戻る