チャンスはある!?元彼にラインブロックされた時の復縁方法

元彼と復縁したいのに、LINEを送っても既読が付かない…。

 

 

 

 

もしかして「LINEブロックされてしまったの?」と不安になっている方はいませんか?

 

 

 

 

確かに、LINEをブロックされてしまうと連絡を簡単に取る事ができないので復縁にはとても不利です。

 

 

 

 

でも、それだけで復縁を諦める必要はありません。

 

 

 

 

LINEブロックをされている元彼と復縁する方法はあるはずです。

 

 

 

 

今回は、「チャンスはある!?元彼にLINEブロックされた時の復縁方法」をお届けします。

 

 

 

LINEブロックした元彼の気持ちを考えてみる

 

 

まずは、LINEブロックした元彼の気持ちを考えてみましょう。

 

 

 

 

男性は、面倒くさがりの人が多く、よほどの事が無い限りLINEをイチイチブロックしようとは思いません。

 

 

 

 

それなのに元彼が、貴女のLINEをブロックしたというのは、よほど貴女が彼に対して嫌な事をしたからという事を自覚しなければなりません。

 

 

  • 別れた後何度もしつこくLINEを送った
  • 返事が来ないと催促を繰り返した
  • 寂しい、辛いなど気持ちを吐露した
  • 話くらい聞いて!という怒りをぶつけた

 

 

このような事が何回か繰り返されると、男性は貴女からのLINEは嫌なものという認識になり、目に付くのもイヤになってしまいLINEブロックという荒業に出てしまいます。

 

 

 

LINEブロックするのは完全拒否の気持ちの表れ

 

 

元彼が貴女のLINEをブロックするというのは、貴女に「諦めて欲しい」「もうこれ以上は連絡しないで欲しい」という気持ちの表れでもあります。

 

 

 

 

 

「もう、今は放って置いて!かんべんしてくれ!」という気持ちしか元彼の中に無い状態。

 

 

 

 

 

この状態の時に、アレコレ話をしても言葉は彼の心には届きません。

 

 

 

 

 

LINEをブロックされたとわかったら、その日から暫くは冷却期間を取る必要があります。

 

 

 

 

 

彼が少なくても「かんべんしてくれ!」と思わなくなるまでです。

 

 

 

 

 

一般的に、嫌な記憶が薄れるのは三ヶ月〜半年位経ってからだと言われています。

 

 

 

 

 

貴女の影がちらつくと、嫌な事を思い出して冷却期間が振り出しに戻ってしまうので、SNSやTwitter、Facebookからも姿を消すようにしましょう。

 

 

 

冷却期間が終わってからの復縁方法

 

 

LINE以外の方法で連絡を取ってみる

 

十分な冷却期間を取ったならSNSなどのメッセージ機能を使って元彼に連絡を取ってみましょう。

 

返事が無いのなら、1ヶ月以上時間を空けて再び連絡という事を3回程度繰り返します。

 

嫌な記憶がなくなっているのであれば、懐かしさから返事を返してくれる男性は多いはずです。

 

 

 

偶然を装い再会する

 

共通の友達に飲み会を開いてもらい偶然を装って参加するという方法が効果的です。

 

この他にも、彼が使う電車がわかっているのなら、偶然会ったというシチュエーションを作り出して再会する方法も試す価値あり!

 

でも、かなりの演技が必要になるのでしどろもどろになってしまうと、彼にストーカーと思われ嫌われてしまうリスクもあります。

 

 

 

他の男の影をチラつかせる

 

貴女が彼にゾッコンという形でお付き合いをしていた場合、彼は「ブロックしてもそのうち適当に解除して、LINEしたら食いついてくるだろう。」と自信満々になっている場合もあります。

 

そういう彼には、他の男の影をチラつかせるのも1つの方法。

 

冷却期間終了後にSNSに男友達と遊んでいる写真をUPしたりして、元彼にわざと見せ、独占欲と嫉妬心を煽る作戦です。

 

男性は独占欲が強く元カノにもずっと自分の事が一番好きでいて欲しい生き物なので気持ちがザワつくはずです。

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

 

元彼にLINEブロックをされると「もう終わった」と復縁を諦めてしまう女性が多いようです。

 

 

 

 

でも、冷却期間をしっかりと取り貴女に合った復縁行動を取れば、必ず道は開けます。

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る