クリスマス復縁が成功しやすい3つの理由

復縁サイトなどを見ていると、クリスマスは復縁に適している時期だと書かれている事が多いですよね。

 

 

でも、それは本当のことなんです!

 

 

クリスマス復縁は、何もイベント事が無い時期に復縁を持ちかけるよりも30パーセントも復縁成功率が高くなるという報告があるのです。

 

 

でも、どうしてクリスマスに復縁アプローチをすると寄りを戻す確率が高くなるのでしょうか?

 

 

今回は、クリスマス復縁が成功しやすい3つの理由をお届けします。

 

 

クリスマスは彼女が居ない自分に焦りを感じるから

 

クリスマスは日本では「恋人同士のイベント」という風潮ですよね。

 

 

テレビやラジオはもちろん、街中もクリスマス一色に変わり、なんとなく恋人同士の二人も目に付くようになります。

 

 

そうなると、男性は「俺・・・彼女いないじゃん」とその時になって初めて自分の寂しい状況を理解するなんて事もあるようです。

 

 

「なんで元カノと別れちゃったんだ・・・」と後悔。

 

 

クリスマスは、そんな気持ちから元カノに連絡を取りたくなる男性が増える時期でもあります。

 

 

男性もクリぼっちはイヤだと思う人が多いので、その気持ちを利用すると復縁しやすくなります!


 

 

元カノとのことを思い出しやすい時期だから

 

クリスマスは、直近まで付き合っていた元カノとの思い出を思い出しやすい時期だと言われています。

 

 

元彼にまだ新しい恋人がいない状態だと、寂しさや空しさから「元カノと付き合っていた時はクリスマスは○○のところに行ったな」と思い出を穿り返し空しさを払拭しようとする男性も結構いるみたい。

 

 

元カノとの思い出を思い出している頃合で、元カノから連絡が来たら・・・男性は結構単純ですので「運命だ」と気持ちが盛り上がります。

 

 

 

最初の連絡は復縁を匂わせずに「ご飯でもしない?」と軽いメールやラインを送るのがコツ!


 

男友達はみんな彼女とクリスマスを過ごすから

 

クリスマスは、普段仲良くしている男友達も彼女とのデートを最優先します。

 

 

そうなると、一人ぼっちの寂しさを埋めようと男友達を誘っても誰も遊んでくれないなんて事も結構あるようです。

 

 

彼女もいなければ、男友達も構ってくれない…「なんでこんな日に俺は一人でコンビニで買ったチキンを食べてるんだ」と泣きたい気持ちに。

 

 

普段は仕事に追われ、寂しさんなんて感じない思っている男性も、クリスマスだけは人恋しくなる気持ちが最高潮になり、それに伴って元カノからの誘いもすんなり受け入れてもらえるという流れが出来上がります。

 

 

普通の日には彼女が居なくても寂しさを感じる事が少ない男性でも、クリスマスシーズンだけは「寂しい」と思ってしまう人も多いようです。

 

 

寂しいという気持ちは、人恋しさと直結しますし、周りの男友達が彼女と楽しい時間を過ごしている時に「一人ぼっち」という感覚を味わいたくないので、必死で遊べる女友達を探すなんて男性も多いでしょう。

 

 

そんな状態の時なら、酷い別れ方をした元カノとだって「寂しさが埋まれば」と会ってくれる可能性も高くなります。

 

 

再会する事さえできれば、連絡も今までのようにする事ができますし、復縁までの道のりがぐっと近づきますよね。

 

 

このページの先頭へ戻る