元彼に「よりを戻したい」と思わせ、復縁の可能性を上げるルールとは?

元彼との復縁を願ってるならば、可能性はどのくらいなのか誰でも知りたいですよね。

 

 

 

 

 

少しでも復縁の可能性があるのなら、その可能性に賭けてみたいと思うはず。

 

 

 

 

 

そして、元彼にも「よりを戻したい」と思って欲しいものです。

 

 

 

 

 

どのようにすれば、復縁の可能性が少しでも上げることができるのかを知りたい女性に向けて…。

 

 

 

 

 

今回は、元彼に「よりを戻したい」と思わせ、復縁の可能性を上げるルールとは?をお届けします。

 

 

 

復縁の可能性が高い別れ方とは?

 

 

復縁の可能性を上げるために、別れ際の印象というのは本当に重要です。

 

 

  • 着信拒否やLINEブロックなどをされていない状態
  • 元彼に、まだ新しい彼女が出来ていない
  • 誕生日や記念日をお互いに大切にしていた
  • 付き合った期間は数年
  • 喧嘩をしても仲直りしたという経験がある
  • 自分から別れを告げた
  • 共通の友達がいて会おうと思えば会えるチャンスがある
  • お互いにしっかり話し合って別れを決めた

 

 

この項目に当てはまる項目が多いほど、復縁の可能性は高いと言えるでしょう。

 

 

 

 

特に、長く良い関係で付き合っていて、誕生日や記念日などを大切にしていたカップルで、元彼にまだ新しい彼女ができていない状態だと「あの時は楽しかった」と貴女を思い出してくれることが多くなり、復縁のきっかけが掴みやすく可能性も高くなります。

 

 

 

 

 

しっかり話し合いをして別れたカップルも、お互いに納得して別れているので、次に話し合いをする時にもわだかまり無くスムーズに進みます。

 

 

 

 

 

逆に、復縁が難しいケースで最も多いのが、彼が「別れたい」と言った時に、それを素直に受け入れずしつこく追い縋ってしまったカップルです。

 

 

 

 

 

彼が別れを切り出したことには、何か理由があるはずですから、いったんは素直に別れを受け入れる方が復縁の可能性は高くなります。

 

 

 

 

復縁を成功させるカップルは全体の30%程度

 

 

復縁を成功させるカップルは、全体の30%程度だという統計結果が出ています。

 

 

 

 

 

30%というのは10個のボールの中に当たりが3つ入っていて、その当たりのボールを引く確率と同じ…。

 

 

 

 

 

結構、狭き門だという事がわかります。

 

 

 

 

 

可能性がゼロじゃないだけに、諦められない!と苦しむ女性が多いのです。

 

 

 

 

 

少しでも可能性を引き上げ30%を40%に、40%を50%にしたい!

 

 

 

 

 

そんな方は、いくつかの復縁ルールをしっかり守る必要があります。

 

 

 

復縁の可能性を上げるためのルールとは?

 

 

冷却期間をしっかり取る

 

コレは、復縁の基本中の基本。

 

元彼の気持ちが冷静になる前に、アレコレ感情をぶつけるとまとまる話もまとまらなくなったり、再び喧嘩状態になってしまう事もあります。

 

3ヶ月程度は冷却期間を取り、チャンスをうかがう事が大切です。

 

 

 

自分の存在をゼロにしない

 

冷却期間中がある程度過ぎたら、元彼に自分の存在を思い出して貰う必要があります。

 

 

共通の友達に近況を伝えてもらったり、SNSなどで自分の近況を書いてみるという工夫も大切かもしれません。

 

 

自分磨きを忘れない

 

自分磨きをする事は復縁においてとても大切です。

 

 

その理由は、もちろん彼に「可愛い」と思ってもらい、「逃した魚はデカかった」と思わせるのもそうなのですが、「俺のために頑張ってくれたんだ」という目に見える努力を見せる事ができるからです。

 

 

別れた原因を改善する

 

貴女に別れた原因があるのであれば、その原因は何だったのかを考え、改善する必要があります。

 

彼の気持ちになれば、「よりを戻しても、また同じ事になるのでは?」という不安がいっぱいの状態。

 

どうすればその原因を改善し、乗り越えられるのかという事を言葉でも彼に伝えられるように準備しておくと、復縁の話し合いの時に彼を納得させる事ができる可能性が高くなります。

 

 

 

 

この4つの復縁ルールを守るだけで、復縁の可能性が低くても可能性をUPさせることができるようになります。

 

 

 

 

 

最初の項目に当てはまるところがなく、復縁の可能性が低いと自分で思う方は、このルールを守って復縁行動をとってみてください。

 

 

 

このページの先頭へ戻る