復縁の成功率が最も上がる冷却期間はどのくらい?

復縁を成功させたいのなら冷却期間を取る事が重要だとされていますが、その冷却期間は短過ぎても長過ぎても復縁の成功確率は落ちると言われているのをご存知ですか?

 

 

 

 

復縁の成功率が上がる時期は、別れて半年が最も高いというという統計が出ています。

 

 

 

 

どうして別れて半年が最も復縁が成功しやすい時期なのか?

 

 

 

 

今回は、冷却期間半年が復縁の成功率を最も上げる理由についてお話をしていきたいと思います。

 

 

 

復縁に冷却期間が必要だと言われている本当の理由

 

 

復縁には冷却期間が必要だという事は多くの方が知っている事だと思います。

 

 

 

 

でも、なぜ復縁に冷却期間が必要なのか知っていますか?

 

 

 

 

別れた直後というのは、お互いに「別れ」を受け入れるのに必死です。

 

 

 

 

大抵の場合、大きな喧嘩をして雰囲気が悪くなってしまったり、理不尽な事を言われ頭に来てしまったりして別れに至ることが多いと思います。

 

 

 

 

そうなると、まずは怒りを沈め、別れたことを正当化する時間が必要になります。

 

 

 

 

「この別れは正解だった」と自分を納得させるための時間です。

 

 

 

 

この納得が出来て初めて、人は自分以外の事を考えられるようになると言われています。

 

 

 

 

別れを受け入れられない破局の直後は、相手のことなんて考えられず、貴女も、そして元彼も「相手が悪かったんだ!」と相手を責めることで自分が傷つかないように過ごすことに精一杯になってしまうのです。

 

 

 

 

ですから、相手にも自分にも別れを受け入れるための時間が必要になります。

 

 

 

 

これが、恋愛が破局した後に冷却期間と取らなければならない本当の理由なのです。

 

 

 

冷却期間は短くても長くても復縁は失敗する

 

 

復縁が難しいといわれているのは、冷却期間の取り方を間違ってしまうからです。

 

 

 

 

自分の復縁にどの程度の冷却期間が必要なのかを理解できず、自分だけの物差しで「そろそろ大丈夫だろう」と復縁行動を起こしてしまうのが復縁失敗の原因となります。

 

 

 

 

喧嘩の理由や、別れ方によっても冷却期間は違いますが、冷却期間の期間は長くても短くても復縁は失敗します。

 

 

 

 

短過ぎると、相手は別れを受け入れ切れずにいる状態なので、貴女の気持ちを押し付けがましいと感じてしまい「うっとうしい」「一人になりたい」と余計に殻に閉じこもってしまいます。

 

 

 

 

逆に長過ぎても、違う女性に気持ちが向いてしまったり、貴女の存在が薄くなってしまうので危険。

 

 

 

 

ちょうど良い冷却期間を取る事が復縁を成功させる重要なポイントとなりますがその期間は、カップルの別れ方にもよります。

 

 

 

別れのケース別での復縁が叶う冷却期間の長さを考えてみたいと思います。

 

 

1ヶ月の冷却期間が必要なケース

 

 

  • 彼の転勤で遠距離になり別れをお互いに決めた
  • 両親にお付き合いを反対された
  • お互いに結婚はしたいが、仕事がひと段落するまで結婚は我慢したい
  • 資格取得、入試などで別れを決めた
  • 別れた時相手も泣いたり苦しんでいる様子が見えた
  • 別れても相手から連絡が来ている
  • サークルや共通の友達を通して元彼と会う機会がある

 

 

お互いに嫌いになったわけではないけど別れを選んだケースや、元彼の方にも未練が残っている事が見て取れたケースにおいては、冷却期間の長さはそれほど長く取らなくてもOK。

 

 

 

 

別れのとき相手が辛そうにしていて、現在も連絡が来るという場合、彼も復縁したがっている可能性が高いので、一度会って話し合う時間を取ってみても良いかも。

 

 

 

3ヶ月の冷却期間が必要なケース

 

 

  • 大きな喧嘩をして別れてしまった
  • 彼の一人になりたい時間を邪魔して喧嘩になり別れた
  • 別れたくないと追いすがってしまった
  • LINEやメールでしつこくしてしまった
  • 元カノと連絡を取っていた、または元彼と連絡を取っていたことがバレた

 

 

3ヶ月の冷却期間は、感情が荒ぶってしまった時にあけたほうが良い期間。

 

 

 

 

喧嘩をしたり、彼に泣いて追いすがったり、嫌がっている事をして彼を怒らせたなんていう状態の時もこの期間に当てはまります。

 

 

 

 

なぜ3ヶ月かというと、脳科学的な見解によると、人間は3ヶ月スパンで嫌な記憶を忘れるとされています。

 

 

 

 

特に男性は、脳にかかるストレスに弱いため嫌な事を早く忘れる特性を持っています。

 

 

 

 

3ヶ月すると貴女が目くじらを立て、鬼のように怒った顔は消え、笑顔の貴女だけの記憶になっている事が多いのでこのタイミングでアプローチをかけてみましょう。

 

 

 

半年以上冷却期間をあけたほうが良いケース

 

 

  • 断られているのに何度も会おうとした
  • 会社に行くなど脅しのような事をしてしまった
  • セックスの事で喧嘩になった
  • 付き合いが3年以上続いたカップル
  • 具体的に○○がイヤだと拒否され別れた

 

 

半年以上冷却期間と開けたほうがよいケースには色々な状況があります。

 

 

 

 

多くは、嫌がっている相手に何ヶ月にも渡り「会いたい」と復縁を望んだケースです。

 

 

 

 

別れてからすぐにパタリと連絡を遮断せず、気持ちが抑えきれず彼に脅しのような事をしてしまったり、泣いて毎晩電話したりした方は長めの冷却期間が必要になります。

 

 

 

 

嫌な事を少しずつ忘れて行くように体は向かいますが、相手にとって強烈な嫌な出来事は3ヶ月では消えないからです。

 

 

 

 

また、長く深いお付き合いをしたケースでも、寂しさは募ると思いますが、敢えて、長めの冷却期間で「相手がいない世界」というのを体感するようにすると、復縁行動を起こした時、お互いの心が結びつきやすくなります。

 

 

 

復縁成功の冷却期間は「半年」が最も高い

 

 

統計的に見ると、復縁成功率が最も高いのは冷却期間を半年とったカップルという事がわかっています。

 

 

 

 

その理由は、しっかりと科学的な根拠もあるようです。

 

 

 

 

人は鬱になるのを避けるために、嫌な記憶から抹消していく脳の作りになっていると言われています。

 

 

 

 

ストレスはがん細胞などを増やす原因にもなるため、体がストレスを自らの力で排除するためだとも考えられています。

 

 

 

 

長い人でも、4ヶ月〜5ヶ月でどんなに嫌な別れ方をしても「あいつはいいところもあった」と綺麗な思い出に変わり始めるのだとか。

 

 

 

 

そのタイミングで復縁行動を起こすと元彼も貴女と再び楽しい思い出が作れるのでは?と気持ちが動き復縁成功率が上がるというのです。

 

 

 

貴女と元彼に必要な冷却期間を知る

 

 

大切なのは、冷却期間の長さの設定です。

 

 

 

 

長過ぎてもダメ、短過ぎてもダメ……でも、その長さを自分自身で決める事って難しいですよね。

 

 

 

 

別れ方や、彼の性格も関係してくることなのでとても厄介ですので見極めが大切です。

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る