元彼と復縁できる前兆!?チャンスを見逃さないで!

元彼と復縁できる前兆は本当にあるのでしょうか?

 

 

 

あるとすれば、復縁のチャンスを逃さないためにもどのようなものかを知っておきたいですよね。

 

 

 

復縁アドバイザーとして大人気の魅理亜(ミリア)先生にお聞きしてみました。

 

 

復縁が叶う前兆は本当にあるのでしょうか?
  • 魅理亜先生のコメント

 

スピリチュアル的な観点では、エネルギー的が繋がってる関係性では、ふとした瞬間にお互いが考えていることが伝わったり、思いがけない場所で出会ったりすることがあるシンクロニシティなどはよくある現象で、このようなカップルは復縁する可能性が高いと言えます。


 

貴女が元彼のことを考えてる時に、彼も貴女のことを考えてる…。

 

 

 

別れても、一度は愛し合った男女の間ではよく起きるシンクロニシティです。

 

 

 

元彼に関するこのシンクロニシティがよく起きる場合は、復縁が叶う前兆の可能性が高いので見逃さないようにしましょう。

 

 

復縁が叶う前兆〜偶然の再会

 

  • 魅理亜先生のコメント

 

復縁が叶う前兆のひとつに元彼との「偶然の再会」があります。


 

 

別れて何ヶ月も経ってから、なぜか時々元彼とよく会うようになった。

 

 

 

職場が近かったり、よく行くお店がかぶっていたりすれば、このような偶然も決して珍しくないですが、普通に過ごしていれば会うはずがない二人なら、無意識のうちにお互いが引き合ってるサインかも。

 

 

 

元彼もこっちに気づいたら、笑顔で話しかけてみて様子を見るのもアリです。

 

 

 

話が弾んで気持ちが盛り上がれば、そのまま良い関係に持っていける可能性は大いにあります。

 

 

復縁が叶う前兆〜元彼との思い出の品が突然壊れた

 

  • 魅理亜先生のコメント

 

元彼からのプレゼントや二人の思い出の品などが突然壊れるのも復縁の前兆です。


 

 

物が壊れる時というのはつい不吉な想像をしてしまうものですが、それが元彼と付き合っている時に使っていたものなら、過去にこだわらず、これから新しい関係を築いていけば良いというメッセージの可能性が大。

 

 

 

潜在意識のレベルで、貴女の思考が前向きになってきているのです。

 

 

 

そういう時は表情もなんとなくイキイキして美人オーラが増しているので、復縁へのアプローチをするにはもってこいのタイミング!

 

 

 

勇気を出して、彼にアプローチするチャンスかも。

 

 

復縁が叶う前兆〜復縁が成功した夢を見る

 

  • 魅理亜先生のコメント

 

元彼と復縁した夢を見るのは予知夢である可能性が高いでしょう。


 

 

夢には、その人が強く願っていることや、不安に思っていることが反映されやすいと言われています。

 

 

 

元彼と復縁できるかどうかドキドキしている時は、朝から晩までそのことばかり考えてしまうので、夢の中に元彼が出てくる回数が増えるのも当たり前なのですが、それが復縁成功のシーンなら、予知夢を見たのかもしれません。

 

 

 

そういう時には引き寄せの法則が発動し、元彼もこちらのことを考えている可能性が高いので、時間をおかずにアプローチしてみましょう。

 

 

復縁が叶う前兆〜元彼に関係するものをよく目にする

 

 

  • 魅理亜先生のコメント

 

復縁する前には、元彼と同じ名前の男性や好きだったものなど元彼に関するものを良く見かけるようになります。


 

 

テレビに元彼と同じ名前のタレントが出てくる、元彼が乗っていたのと同じ車を見かける、元彼がお気に入りのブランドの服を着た男性と会うなど、なぜか元彼に関係するものばかりが目につく。

 

 

 

それはもしかして「もうすぐ元彼にも会えますよ!」というメッセージである可能性が高いと言えます。

 

 

 

いきなり再会しても慌てずにすむよう、日頃から自分磨きを怠らず、「キレイになったな!」と思ってもらえるような準備をしておきましょう。

 

 

復縁が叶う前兆〜急に異性にモテはじめる

 

 

  • 魅理亜先生のコメント

 

復縁が近くなると、女性としての魅力が開花して異性にモテるようになります。


 

 

マイナスオーラが漂った女性は敬遠されがちですが、貴女自身の魅力が増して波動が上がると異性にモテ始めます。

 

 

 

そんな時は、恋愛以外の事でも物事がうまく回り始めてきます。

 

 

 

「今なら、復縁も成功するかも!」と運命の女神に囁かれているような、そんな気持ちになってきます。

 

 

 

このページの先頭へ戻る