別れた後に元彼が連絡を取り続ける5つの理由

「別れよう」と彼の方から別れを告げられてしまったのに、いつもと変わらず連絡が来る…。

 

 

 

こうなると、自分が別れたのか別れていないのか解らず、どう対応していいかわからなくなってしまう事もあるでしょう。

 

 

 

別れたはずなのに、元彼が今まで通りに連絡してくる心理とはどんなものなのでしょうか?

 

 

 

今回は、「別れた後に元彼が連絡を取り続ける5つの理由」をお届けします。

 

 

 

男性は意味のない連絡はしない

 

 

同性のお友達と話をすることでストレスを解消するのが女性です。

 

 

 

でも、男性は、そもそもコミュニケーションがそれほど得意では無いので、意味の無い連絡はしません。

 

 

 

中には、暇だから、寂しいからと言う理由で元カノに連絡を取る人もいますが、それはごく稀なことです。

 

 

 

元彼が貴女に連絡をしているというのは、口には出さないけれど言いたい気持ちを隠していたり、何かしらの意図があると汲み取ってOKです。

 

 

 

元彼が連絡を取り続けの理由とは?

 

 

元彼が別れた後でも貴女に連絡を取る理由を5つ挙げてみましょう。

 

 

別れた直後の連絡は未練が残っているから

 

 

振ったケース、振られたケースどちらにおいても、別れた直後の連絡は元彼の心に貴女に対しての未練が残っているからです。

 

 

 

男性は、プライドが高いところがあるので、女性と別れた後「別れて正解だったんだ」と別れた事を正当化するため貴女のマイナスなポイントを探し嫌いになろうとします。

 

 

 

でも、そんな自分のプライドよりも、貴女への未練が勝った場合、電話やLINEなどをしてしまう事もあります。

 

 

関係を悪くしたくない

 

 

共通の友達がいたり、貴女と付き合う前に友達だったというケースでは、別れても二人の関係を良好に保ちたいと連絡をし続ける男性もいます。

 

 

 

友達に戻ろうと言われて振られたケースに良く見られる傾向ですね。

 

 

 

特に、共通の友達がいてよく顔を合わせるという場合、周りの人に気を使ってギクシャクした態度を取りたくないと「せめて友達には戻りたい」と考えるようです。

 

 

 

頑張った俺を褒めて欲しい

 

 

これは貴女が彼を振ったケースでよく見られる理由です。

 

 

 

彼は、貴女に振られたことで「自分に何が足りないのか」をつねに探すようになります。

 

 

 

仕事を頑張ってみたり、自分磨きにいそしんでキレキレな体になったり。

 

 

 

そして、その成果が出ると、振られた貴女に見せたくなってしまう…。

 

 

 

貴女に未練が残っている場合もありますし、もう未練は無いけど悔しいから変わった俺を見て欲しいという気持ちの場合もあるようです。

 

 

 

独占欲で相手を把握していたい

 

 

男性は、女性よりも独占欲が強い生き物です。

 

 

 

一度付き合った女性は「俺のもの」と考える人はとても多く、自分から別れを告げたのに、別れた後もその彼女が他の男と仲良くしないか気になってしまうという人も沢山います。

 

 

 

貴女の事を常に把握していたいと考えるのでしょう。

 

 

 

特に、自分に新しい彼女が出来るまでは「先に彼氏を作られたくない」という気持ちから、毎日のように連絡を取って、女性側の未練を引き伸ばし「新しい彼氏を作らせない作戦」をとっている人もいるみたいですよ。

 

 

 

簡単に遊べる相手としてキープしたい

 

 

貴女が別れても、元彼に追いすがったりしつこく迫ったケースで、元彼が少しずるい性格の場合、「キープしておけば簡単に遊べるかも」とセックス目的で繋がる事も…。

 

 

 

彼から振られたケースでは、振った彼は「俺のほうが優位だ」と思っているので、貴女を適当に弄んでもいいだろうと軽く考えられている危険性もあるので要注意。

 

 

 

相手にセックスを求められても、相手の気持ちが本当に解るまではノーを言い続けた方が得策。

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

別れた後も、元彼から連絡が来るのは、暇つぶしでもなんでもなく、彼が望んでしている証拠です。

 

 

 

でも、彼がどのような状態を望んでいるのかが解らないと、自ら自爆行動をとって復縁を台無しにしてしまったり、友達に戻れる状態だったのに嫌われてしまう事もあるかもしれません。

 

 

 

元彼が今、どのような気持ちで連絡を取ってきたのか、慎重に考えて次の行動を決めて行きましょう。

 

 

 

このページの先頭へ戻る